2016年9月13日

青汁の元祖野菜「ケール」の魅力と効能は?

青汁には、野菜の成分がたっぷり入っていることは言わずもがなですが、では「使われている野菜は?」と聞かれて、ケールを思い浮かべる方は多いでしょう。
すっかり名言となったあの「まずい! もう一杯!」の青汁も、ケールでできています。
それほど、青汁に使われる野菜では定番のケール。その栄養価の高さには定評があります。

ケールはどんな野菜?

ケールは、キャベツと同じアブラナ科の植物です。簡単に言うと、葉の中心にキャベツの玉ができない(不結球性の)種類で、味はまったく違うもの(苦みが強い)という感じでしょう。
また、生命力が強く1年中栽培が可能なことと、その栄養価は野菜の中でも群を抜いていることが特徴です。

栄養成分とその効能は?

【美容に】
ケールには「食物繊維」が多く含まれています。「食物繊維」は腸の働きを整え、お通じを良くする効果がありますので、便秘で老廃物が排出されにくくなり、お肌のトラブルに悩んでいる方には効果があります。
また、「フラノボール配糖体」という成分は、美白効果も期待できます。
【花粉症に】
ケールに含まれる「フラノボール配糖体」と「糖脂質」の成分は、アレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。
また、花粉症は体の中に老廃物が溜まることによっても引き起こされやすくなります。ケールに含まれた「食物繊維」による整腸作用も期待できますので、花粉症に悩まされている方にはぜひ試していただきたい野菜です。
【眠れない方に】
熟睡効果に期待ができる「メラトニン」も、ケールには含まれていますので、寝付きがあまり良くない方にもオススメです。また、安眠効果のあるホットミルクにケール青汁を加えることで、さらに効果が上がります。
【がん予防に】
「ビタミンA、B、C、E」とたくさんの「ミネラル」成分が多く含まれたケールは、がん予防に対して大変優秀な野菜です。

緑黄色野菜の王様ケール

このように、ケールの栄養価の豊富さと高さは大変評価されており、青汁の原料としては最適といえます。
続けて摂取することで、健康維持や体質改善を図る一助としては、とても効果の期待できるケールです。
苦いのは苦手という方もいらっしゃると思いますが、ハチミツや牛乳、果物を加えたり、料理の中に取り入れてみたりと、摂取の仕方は工夫次第でいろいろあります。クックパッドなどで青汁を取り入れたレシピがたくさん紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。
また最近では、苦みの緩和を図りケールを飲みやすくするための製法が研究され、商品化された青汁もありますので、そういったケール青汁を探してみるのもいいでしょう。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です